新卒で携帯ショップで働いてました

新入社員1人につき1人教育係がつく環境でした



わたしは事務作業が大の苦手なので

ポカミスばかりしてだいぶ問題児でした…



なので私だけ教育係2人つけられることにw

一日中ほぼ監視状態

自分が悪いけどサ




でも素直なところが取り柄なので

それでも一生懸命やってました


ちなみずっと上司2人と朝から晩まで行動を共にしてたので

怒られながらも仲良くなり夜は3人で飲みに行ったりもしてましたw




まぁ仕事中は

ミスしたところは何故ミスしたか

今後どのように対策とるかを常にPDCAしてましたねー

懐かしい





そんな販売実績末端のましてや会社のお荷物人間が5ヶ月目には売上No.1になっていました



そして携帯とWi-Fiセットで売る「セット売り」を月に1番売り上げた者として

講習をしてほしいとお声がかかり、契約社員ながら講師をさせて頂きました



そのお話をしていきます。

ポイントは4つです





私が務めていた携帯ショップは結構なオラオラ営業で爽やかな体育会系な社風でした



もともと体育会系の部活だった私はチーム全体で盛り上げて競っていく社風が合っていました



優越感に浸れるシステムだったのも大きかった

(他店と連携していて誰々が何を売りました!と報告メールが流れてくる)



(職場の人間関係や社風がわたしにとって大きく影響しますのでこれを前提とします)






ポイント1 : 共感


もともと人が好きで人に興味があるのでお客さんでもなんでも人の話聞きたいんですよね

人が話し出すのを待つか、相手が興味ありそうな話題を振るそして洗いざらい溜まってる言葉を吐き出してあげる


それに共感してあげる




基本はこれだけですが

無意識でその人その人に合わせた対応をしているんだと思います。





ポイント 2 : 合わせる


例えば銀行員や役所の人のようなカチッとした雰囲気の人にはこちらも言葉遣いや佇まいをカチッとして対応します




お年寄りの場合は自分の爺ちゃん婆ちゃんと話すときと近い形でいいと思う特に表情とか

言葉遣いだけですます調で


(ただ若い人に対して厳しい人もいると思うのでそれは見極めてください)



 


今ふと思い出したけど直近の上司に

「人との距離が近い」

とよく言われました


これはいい意味と悪い意味あると思う


結果、売上は出せたけど勘違いされることも多かった

特に異性と接する時は気をつけようと思いました






ポイント 3 : 逆に相談する  


意外でしたか?


でもこれ効果てきめんなのでオススメです



対異性ではもちろん同性にも使えるんです


きゅっと距離が縮まるし何故か信頼されちゃうんですよ



例えば携帯ショップ時代によく相談してたことは自分au 相手ソフトバンクなら

「ソフトバンクにしようか迷ってるんですよねぇ」とか



そしたら

「この前あのお店でキャンペーンやってたよ」とか

「この機種こんなことできるんすよ」とか


逆にいろんな情報もらえたりします



相談して話が弾まなくても特に問題は起こりませんしね





ポイント4 :  雑談


お年寄りの方ってスーパーでも信号待ちしてても普通に話しかけてきませんか?

私は話しかけてもらえると嬉しいんですよね



それと同じで業務と関係のないちょっとした雑談ってできるとなんだかほっこりします



なので私もお客さんとの隙間時間はよく雑談してました


そういえばなんかの拍子に上司に雑談得意だもんねって言われたなぁ


人からの言葉って本当にプレゼント(^-^)





まとめ


要は信頼を貯めていくことができれば自然と心を開いてくれる

=売上につながるということです



でも1番は自分に合った仕事、職場環境を選ぶのが1番合理的かなと。



まぁその話は今後どこかで書けたら思います





ご静聴ありがとうございました(^^)/~~