高知の山奥に住んでた時のおはなし


移動販売車で売り歩いていた私は


お客さんの反応から
どんな時に皆お金を使うなどのお金の流れが見えてきました。


マーケティングというのかな?


客層にあったニーズがそれぞれあることに気づいた。



「今の時期このエリアに行くならこれが売れる!!」


というのが分かってきたんですね。



なのでそれを社長に伝え(小さい店なので要望が通りやすい)それを仕入れてもらったり、調理してもらったり。

それを私が売ってくるって感じ


大体読みは当たりましたね





中でも田舎の刺激がないとこにいる人は
特に「限定」というワードは効きますね



なので春は山菜を採りにいきました
そして出勤時間より少し早く店に出向き調理


それを売れると読んだエリアにお店の商品ついでに少し売らせてもらう
そして10〜20%をお店に渡して残りをもらうという副業をしていました。

月に5万程でした

そこからガソリン代引いても4万ちょいですかね


ただ春先限定でした



まぁそれなりに大変なこともありましたが
自然が好きな私にとってはなかなか楽しい副業でした(^-^)v




調子に乗った私は次に
秋に栗拾いして同じように副業をしました



しかし、山に入り栗を拾うと



蚊が尋常じゃない


虫除けしてても。


スイミーの大きな魚みたいになって私を刺しまくるの


蜂にも追いかけ回され



命からがら逃げました(´Д`; )



なめてた…




そんな命がけで拾った栗




山菜の半値以下でしか売れずw




お客さんは私がそんな思いして栗拾いしたなんて当然知らないわけで
文句つけてくる人もいるしw

 

価値を感じない人が多かったのでしょう



私が拾った栗は大粒で見た目も綺麗で甘くて
めちゃくちゃ美味だったのですが



道の駅などで小粒で味まぁまぁな栗の値段と比べると少(2割ほど)高めに設定したので。


あとは栗は一度調理する手間があるので面倒な人は買わないしね
(自分は調理が特に苦じゃないので逆にわからなかったのが反省点)


人それぞれ人生で大事にしてるジャンルって違うから
どこで何を比べるかなんだなーって痛感



結局
道の駅と同じ値段で販売したという苦い経験になりました

一袋15粒ほどで100〜200円程。
 


途中でやめてしまったのですが
栗は3000円くらいになったかな



これでばからしくなって栗副業はやめたけど
勉強になったので
まぁよかったかなw



山菜はやはり希少価値があるのでしょうね。




自然や虫がすきなひとにはオススメです(´∀`=)